フリーランスで活躍するならこの職種

フリーランスで活躍するならこの職種

会社員として働いていれば毎月一定の給料が保障されます。フリーランスとして自力で稼ぐ道を選ぶなら、その安定した生活を手放すことになります。しかし、会社員のままではまず得ることのできない自由が手に入ります。フリーランスとして生きていくのであれば、仕事が取れる職種、稼げる職種を選ぶ賢さも身につけましょう。今フリーランスで活躍できる職種を紹介します。

  • 海外と日本の仲介役<翻訳家>

    海外と日本の仲介役<翻訳家>

    書籍や雑誌、各種書類、映画やドラマの脚本など、外国から入ってきたものをわかりやすい日本語に訳する翻訳家の仕事は幅広くあります。求められる語学力のレベルは高く、翻訳家として活動できるようになるためにはかなりの努力が必要になることは確実です。では、翻訳家になるためには、具体的にどのようなことを行ったらいいのでしょうか。自己投資することの重要性とその有効性、また、翻訳に特化した検定試験についてなど、フリーランスの翻訳家を目指す人にオススメの情報です。

  • ソフトウェア開発のマネジメント役<システムエンジニア>

    ソフトウェア開発のマネジメント役<システムエンジニア>

    システムエンジニアという職種についてはよく耳にしますが、どのような仕事をしている人なのかについてのイメージは漠然としていることが少なくありません。エンジニアという言葉が名称に含まれていることから、技術職としての要素が強く感じられるかもしれませんが、システムエンジニアの仕事はシステム開発プロジェクト全体をマネジメントすることです。そんなシステムエンジニアの仕事をフリーランスとしてやっていくために知っておきたい情報をご紹介します。

  • レンズを通して魅力を引き立たせる<カメラマン>

    レンズを通して魅力を引き立たせる<カメラマン>

    趣味の範囲とはいえかなり本格的にカメラを使うことができると、フリーランスのカメラマンになってみたいと本気で考えるようになる人もいることでしょう。フリーランスのカメラマンになることはそれほど難しいことではなく、カメラ1台あればできてしまうことは確かです。しかし、カメラマンになれることと、仕事が取れることは別なので、フリーランスとしての活動を始める前に自分が持てる専門分野のことや仕事の取り方などについてよく考えておくようにしましょう。

こちらもオススメ

  • 高い語学力が求められる仕事

    高い語学力が求められる仕事

    翻訳家の仕事に就くためには、高い語学力があるということが基本になります。必要とされている言語は英語だけでなく、その他様々な言語で翻訳家の需要があります。しかし、十分な語学力があったり、これから勉強するつもりがあったりしても、どうしたら翻訳家になれるのかがわからないという人もいることでしょう。そこで、翻訳家としてどのような準備をすればいいのか、また、どうすれば翻訳家としての仕事を得ることができるようになるのかをご紹介してくのでぜひ役立ててください。

  • クライアントと現場をつなぐ仕事

    クライアントと現場をつなぐ仕事

    システム開発を必要としている業種は幅広いですが、システムエンジニアの確保はどこの企業も苦労するポイントです。システムエンジニアの数は多くても、経験とスキルのある人材はなかなかすぐには見つからず、育成にも時間がかかってしまうというのが実情でもあります。そこで、活躍しているのがフリーランスのシステムエンジニアです。独立するというのはリスクもあるので勇気がいりますが、システムエンジニアの場合、フリーランスになっても仕事が多いので、目指している人もたくさんいます。

  • 活躍するために必要な得意分野

    活躍するために必要な得意分野

    広告や新聞、雑誌やウェブサイトなどには数多くの画像が使用されています。それらの画像を撮影することを職業にしているのがカメラマンです。カメラマンとして働いている人の多くはフリーランスですが、カメラマンで生活できているプロは、何かひとつ自分の得意分野を持っていることが多いものです。いい機材を揃えるということももちろん重要ですが、どんな被写体をどのように写すかということに対するこだわりを持つことも大切です。