フリーランスで活躍するならこの職種

当サイトについて

当サイトについて

当サイトでは、フリーランスとして活躍できる職種についての情報を掲載しています。多様化する働き方の中のひとつとして、フリーランスという選択肢を選ぶ人が増えているということもあり、今後フリーランスに転身することに関心を抱いている人は潜在的にはかなりいるかもしれません。

Pocket

今後さらに増える働き方

日本のフリーランス人口はおよそ120万人です。労働人口の3人に1人はフリーランスというアメリカに比べればまだまだ少ないのが現状ですが、今後さらに増加していくと見込まれています。スキルも経験もなくいきなりフリーランスになるという人はまずいません。いたとしても、仕事を任せてもらうことはかなり難しいのではないでしょうか。フリーランスになる人の多くは、キャリアアップを目的とした転職を重ね、十分な能力を培うという段階をしっかり踏んできていることがほとんどです。転職することが当たり前のアメリカでフリーランスが多いというのも、そのような背景があるからこそと言えるでしょう。
日本では、終身雇用の考え方が根強く残っていましたが、今では安定した雇用を期待できない状況になっていることから、個々がしっかりとしたキャリアプランを立てて積極的に転職を重ね、将来に備えるという考え方が前面に出てくるようになりました。また、正社員としての働き方一辺倒ではなく、状況に応じて働き方を選択するという考え方も一般的になりつつあるので、フリーランスに対する抵抗感は薄れてきているという実態もあります。

活動できる分野は多い

フリーランスとして活動できる仕事は意外とたくさんあります。業界や業種に偏りなく様々な分野の仕事があるので、会社員として培ってきたスキルや経験、趣味として突き詰めてきたことによって手に入れた技術など、独立して生計を立てるために何が役立つかわかりません。フリーランスとして働くメリットのひとつは自由ですが、長く安定して続けていくためには得意なこと、好きなことを仕事にすることがとても重要です。フリーランスとして活動しやすい職種をご紹介しようと思えばきりがないほどたくさんありますが、当サイトでは、翻訳家、システムエンジニア、カメラマンとそれぞれ分野の異なる職種に焦点を当て、フリーランスとして活動するということ、必要な準備、メリットやデメリットなど、現実的に考えるために役立つ情報を多角的にご紹介していきます。
フリーランスには就職や転職のような採用試験はなく、なりたいと思ったら誰でもなることができます。しかし、成功させるためにはしっかりとした準備が不可欠なので、これから本気でフリーランスを目指すなら、強い気持ちを持って然るべき準備を進めていくようにしましょう。

【当サイトお問い合わせ先】

こちらもオススメ

  • 高い語学力が求められる仕事

    高い語学力が求められる仕事

    翻訳家の仕事に就くためには、高い語学力があるということが基本になります。必要とされている言語は英語だけでなく、その他様々な言語で翻訳家の需要があります。しかし、十分な語学力があったり、これから勉強するつもりがあったりしても、どうしたら翻訳家になれるのかがわからないという人もいることでしょう。そこで、翻訳家としてどのような準備をすればいいのか、また、どうすれば翻訳家としての仕事を得ることができるようになるのかをご紹介してくのでぜひ役立ててください。

  • クライアントと現場をつなぐ仕事

    クライアントと現場をつなぐ仕事

    システム開発を必要としている業種は幅広いですが、システムエンジニアの確保はどこの企業も苦労するポイントです。システムエンジニアの数は多くても、経験とスキルのある人材はなかなかすぐには見つからず、育成にも時間がかかってしまうというのが実情でもあります。そこで、活躍しているのがフリーランスのシステムエンジニアです。独立するというのはリスクもあるので勇気がいりますが、システムエンジニアの場合、フリーランスになっても仕事が多いので、目指している人もたくさんいます。

  • 活躍するために必要な得意分野

    活躍するために必要な得意分野

    広告や新聞、雑誌やウェブサイトなどには数多くの画像が使用されています。それらの画像を撮影することを職業にしているのがカメラマンです。カメラマンとして働いている人の多くはフリーランスですが、カメラマンで生活できているプロは、何かひとつ自分の得意分野を持っていることが多いものです。いい機材を揃えるということももちろん重要ですが、どんな被写体をどのように写すかということに対するこだわりを持つことも大切です。