フリーランスで活躍するならこの職種

機材選びのポイント

機材選びのポイント

フリーランスのカメラマンを目指している方は、まず相性がいい機材を見つけることが大切です。カメラ、レンズ、カメラバックの選び方を紹介するので、自分に合った機材を選び、フリーカメラマンとして活躍していける土台を作りましょう。

Pocket

カメラの種類

カメラマンにとって、カメラはパートナーといっても過言ではありません。できれば慎重に選びたいという方も多いのではないでしょうか?カメラには、大きく分けるとコンパクトデジタルカメラ、ミラーレス一眼カメラ、デジタル一眼レフカメラの3種類があります。
コンパクトデジタルカメラは一般的にデジカメといわれており、レンズとカメラが一体となっているものです。持ち運びがしやすく、機種によっては一眼レフに負けないクオリティの写真を撮れるカメラもあります。ミラーレス一眼カメラは、通常の一眼レフカメラよりもコンパクトです。画質も一眼レフと差がなく、初心者にもプロもにも使いやすい種類となっています。デジタル一眼レフカメラは、ミラーを搭載しており、景色や被写体の様子をリアルタイムでしながら撮影できます。重量はありますが、手ブレもしにくくプロ向けのカメラといえるでしょう。
どの種類がいいというのは、各々の好みや撮影するシーンによるため、一概にどれがいいとは断言できません。それぞれ一長一短なので、自分が撮りたいと思っている写真や予算、好みと照らし合わせ、相性ぴったりのカメラを見つけましょう。

レンズ選びも重要

カメラと同様、レンズも撮りたい写真に合わせて選ぶ必要があります。レンズはズームレンズと単焦点レンズの2種類に分けられます。ズームレンズはズーム機能が搭載されており、風景や人物など、さまざまな場面で活用できます。単焦点レンズはズームができませんが、暗所での撮影やボケ感で味を出したい場合に向いているレンズです。レンズにはF値という撮影できる範囲を示す数字があり、「◯mm」という数字が少ないほど範囲が広いものになります。単焦点レンズの場合は「◯mm」、ズームレンズの場合は「◯mm-◯mm」と表記されているため、こちらも踏まえてレンズを選びましょう。

おすすめのカメラバック

カメラバックはショルダータイプやメッセンジャータイプ、リュックタイプなど、さまざまな種類があります。さっとカメラを取り出して撮影したい場合はショルダータイプやメッセンジャータイプが最適ですが、体の片側に負担がかかる、入る容量が限られるなど、それぞれに欠点があるため、重い機材には不向きかもしれません。重い機材を持ち運ぶのが日常的な方には、リュックタイプがおすすめです。リュックタイプは負担が両側に分散され、軽減されます。機材が入る容量も大きめのものが多いので、本格的にカメラで仕事をしたいという方に一番向いているでしょう。ただし、背負うタイプのためカメラの取り出しに手間取りやすい傾向があります。そのため、持ち物が少ない時はショルダータイプやメッセンジャータイプ、機材が多い時はリュックタイプと場面に合わせて対応するといいかもしれません。

こちらもオススメ

  • 高い語学力が求められる仕事

    高い語学力が求められる仕事

    翻訳家の仕事に就くためには、高い語学力があるということが基本になります。必要とされている言語は英語だけでなく、その他様々な言語で翻訳家の需要があります。しかし、十分な語学力があったり、これから勉強するつもりがあったりしても、どうしたら翻訳家になれるのかがわからないという人もいることでしょう。そこで、翻訳家としてどのような準備をすればいいのか、また、どうすれば翻訳家としての仕事を得ることができるようになるのかをご紹介してくのでぜひ役立ててください。

  • クライアントと現場をつなぐ仕事

    クライアントと現場をつなぐ仕事

    システム開発を必要としている業種は幅広いですが、システムエンジニアの確保はどこの企業も苦労するポイントです。システムエンジニアの数は多くても、経験とスキルのある人材はなかなかすぐには見つからず、育成にも時間がかかってしまうというのが実情でもあります。そこで、活躍しているのがフリーランスのシステムエンジニアです。独立するというのはリスクもあるので勇気がいりますが、システムエンジニアの場合、フリーランスになっても仕事が多いので、目指している人もたくさんいます。

  • 活躍するために必要な得意分野

    活躍するために必要な得意分野

    広告や新聞、雑誌やウェブサイトなどには数多くの画像が使用されています。それらの画像を撮影することを職業にしているのがカメラマンです。カメラマンとして働いている人の多くはフリーランスですが、カメラマンで生活できているプロは、何かひとつ自分の得意分野を持っていることが多いものです。いい機材を揃えるということももちろん重要ですが、どんな被写体をどのように写すかということに対するこだわりを持つことも大切です。