フリーランスで活躍するならこの職種

活躍するために必要な得意分野

活躍するために必要な得意分野

カメラが趣味という人は多いですが、それを職業にするとなると全く別の世界になります。カメラマンは、フリーランスとして活動しやすい職種ですが、それぞれ得意分野を持っていることが多いものです。

Pocket

得意分野は強みになる

フリーランスのカメラマンであれば、様々な要望に対応できた方がいいのは確かですが、何らかの分野に特化したカメラマンが重宝されることも少なくありません。必要最低限の機材があれば、誰でもフリーランスのカメラマンと名乗ることはできるので、その中でプロとして生き残っていくためにはやはり得意分野を持っておいた方が有利になるでしょう。では、カメラマンとしての専門分野として代表的なものをいくつかご紹介します。

広報カメラマン

広告や出版系の撮影を専門に行う広報カメラマンは、カメラマンの中でも人気のある分野です。ポスターやチラシなどの広告関係、また、雑誌やウェブサイト用の画像は、あらゆる分野のものが被写体になるのでマルチな撮影技術が求められます。被写体の良さを最大限に引き出し、見た人を惹きつけるものを撮影するには、カメラ技術だけでなくセンスが必要になります。

報道カメラマン

事件や事故などの現場に駆けつけて現場の状況をカメラに収めるのが報道カメラマンです。この分野の撮影は取材も兼ねる場合も多く、ジャーナリスト兼カメラマンという立場で仕事をしているフリーランスも大勢います。中には紛争地域などの危険な国などに出向き、最前線の状況を伝えるべく命がけで撮影に臨むというカメラマンもいます。撮りたいものが自分の思ったタイミングで撮れるというものではないので、長時間待機になることも多いですが、何か起こればすぐに対応する瞬発力も必要なので、カメラマンの中でも特殊性の高い分野です。

その他にもいろいろな分野がある

激しい動きが伴うスポーツの撮影でいい画を撮れるかどうかは、撮影するカメラマンの技量にかかっています。良い表情やシーンは一瞬で過ぎ去ってしまうので、かなりの集中力が必要になる分野です。特殊な分野といえば水中カメラマンもそのひとつです。水中なので使用する機材が普通のものとは違い、地上とは条件が全く異なる環境での撮影となります。ダイビングのライセンスや海や川についての知識も必要なので、専門性が必要とされる分野です。その他、家族写真やお祝い事、保育園や幼稚園、学校関係の撮影を行う街の写真屋さん的な存在は今も健在です。また、風景や動物、建造物など、芸術系を専門とするカメラマンの仕事もあります。
カメラマンを目指す人ならカメラが好きということは共通しているかもしれませんが、何を被写体とするかはまた別の趣向になります。いろいろな被写体を撮影しつつも、自分の得意分野をひとつ持っておくようにすると、フリーランスとしての仕事を続けやすいかもしれません。

こちらもオススメ

  • 高い語学力が求められる仕事

    高い語学力が求められる仕事

    翻訳家の仕事に就くためには、高い語学力があるということが基本になります。必要とされている言語は英語だけでなく、その他様々な言語で翻訳家の需要があります。しかし、十分な語学力があったり、これから勉強するつもりがあったりしても、どうしたら翻訳家になれるのかがわからないという人もいることでしょう。そこで、翻訳家としてどのような準備をすればいいのか、また、どうすれば翻訳家としての仕事を得ることができるようになるのかをご紹介してくのでぜひ役立ててください。

  • クライアントと現場をつなぐ仕事

    クライアントと現場をつなぐ仕事

    システム開発を必要としている業種は幅広いですが、システムエンジニアの確保はどこの企業も苦労するポイントです。システムエンジニアの数は多くても、経験とスキルのある人材はなかなかすぐには見つからず、育成にも時間がかかってしまうというのが実情でもあります。そこで、活躍しているのがフリーランスのシステムエンジニアです。独立するというのはリスクもあるので勇気がいりますが、システムエンジニアの場合、フリーランスになっても仕事が多いので、目指している人もたくさんいます。

  • 活躍するために必要な得意分野

    活躍するために必要な得意分野

    広告や新聞、雑誌やウェブサイトなどには数多くの画像が使用されています。それらの画像を撮影することを職業にしているのがカメラマンです。カメラマンとして働いている人の多くはフリーランスですが、カメラマンで生活できているプロは、何かひとつ自分の得意分野を持っていることが多いものです。いい機材を揃えるということももちろん重要ですが、どんな被写体をどのように写すかということに対するこだわりを持つことも大切です。