フリーランスで活躍するならこの職種

高い報酬を得るために

高い報酬を得るために

せっかくフリーランスのシステムエンジニアになったのであれば、できるだけ高報酬を得たいと思うのは自然なことです。また、スキルさえしっかりしていればそれも決して夢ではないのがこの職種です。では、実際にどのように行動していけばいいのでしょうか。

Pocket

働き方はいろいろ

フリーランスのシステムエンジニアの働き方は多種多様で、在宅で仕事をする場合もあれば、会社員と同じように出社して働いている人もいます。出社して働く場合、常駐のシステムエンジニアという立ち位置になります。仕事中は普通の会社員と同じような感覚に近いですが、決定的に違うのは勤務体系を自分で交渉して決めることができるという点です。そのため、社員のように週5日必ず出社するのではなく、週に2回から3回程度の出社という契約をすることも可能なのです。高単価であればそれだけでも生活が成り立つ程度の収入になりますが、時間があるならば、空いている日に別の仕事を手がけることもできるでしょう。また、在宅でもSkypeなどを活用して遠隔地からミーティングに参加するなど、時間と道具をうまく活用しながら仕事をこなしていけば、収入をさらに増やすことが可能です。

稼いでいる人がやっていること

十分なスキルと経験が高報酬を得るために必要な条件なのはもちろんですが、それに加えてとても重要になるのがコミュニケーション能力です。フリーランスの場合、黙って待っているだけでは仕事はやってきません。そして、仕事を獲得したとしても、黙って指示を待っているような仕事の仕方では次につながりません。クライアントが何を求めているのかを的確に理解するためには、自分から積極的にコミュニケーションをとって先方の要望を汲み取っていく必要があるのです。フリーランスには仕事を選ぶ自由があります。そのため、稼ぎたいのであれば高単価の案件が欲しいところですが、よほどの人脈やつてがない限り、そのような案件を自分で探し出すのはかなり難しいのが現状です。
しかし、フリーランス専門のエージェントを利用すれば、営業が難しい人でも高単価の案件に参画するチャンスを得ることができます。

レバテックフリーランス

フリーランスのシステムエンジニア向けのエージェントでチェックしておきたいのが「レバテックフリーランス」です。稼ぎたいフリーランスにはオススメのエージェントです。

IT@JOB

フリーランスのエンジニア向けのエージェント「IT@JOB」では、非公開案件も含め、豊富な案件数としっかりとしたサポート体制を整えています。まずは1度相談してみることをオススメします。

こちらもオススメ

  • 高い語学力が求められる仕事

    高い語学力が求められる仕事

    翻訳家の仕事に就くためには、高い語学力があるということが基本になります。必要とされている言語は英語だけでなく、その他様々な言語で翻訳家の需要があります。しかし、十分な語学力があったり、これから勉強するつもりがあったりしても、どうしたら翻訳家になれるのかがわからないという人もいることでしょう。そこで、翻訳家としてどのような準備をすればいいのか、また、どうすれば翻訳家としての仕事を得ることができるようになるのかをご紹介してくのでぜひ役立ててください。

  • クライアントと現場をつなぐ仕事

    クライアントと現場をつなぐ仕事

    システム開発を必要としている業種は幅広いですが、システムエンジニアの確保はどこの企業も苦労するポイントです。システムエンジニアの数は多くても、経験とスキルのある人材はなかなかすぐには見つからず、育成にも時間がかかってしまうというのが実情でもあります。そこで、活躍しているのがフリーランスのシステムエンジニアです。独立するというのはリスクもあるので勇気がいりますが、システムエンジニアの場合、フリーランスになっても仕事が多いので、目指している人もたくさんいます。

  • 活躍するために必要な得意分野

    活躍するために必要な得意分野

    広告や新聞、雑誌やウェブサイトなどには数多くの画像が使用されています。それらの画像を撮影することを職業にしているのがカメラマンです。カメラマンとして働いている人の多くはフリーランスですが、カメラマンで生活できているプロは、何かひとつ自分の得意分野を持っていることが多いものです。いい機材を揃えるということももちろん重要ですが、どんな被写体をどのように写すかということに対するこだわりを持つことも大切です。