フリーランスで活躍するならこの職種

フリーランスとして活動するメリットデメリット

フリーランスとして活動するメリットデメリット

フリーランスのシステムエンジニアとして働くことには、メリットもあればデメリットももちろんあります。どんな職種であろうと、メリットしかないものなどなく、デメリットというものは必ず存在します。大切なのは、どちらのこともしっかりと精査し、理解した上で行動することです。

Pocket

フリーランスのシステムエンジニアのメリット

会社員のシステムエンジニアであれば、仕事内容がどのようなものであっても収入に大きな変化はありませんが、フリーランスの場合は発生する報酬が全て自分のものになるということで、しっかり案件を選べば高収入を得ることも十分に可能です。1つの案件に対する単価は、個々のシステムエンジニアの能力次第という部分もあるので、必ずこれだけ稼げるという指標はありませんが、プロジェクトマネジメントができるシステムエンジニアは、高単価の案件を比較的容易に探し出すことができるでしょう。
フリーランスは自由な立場です。仕事をするもしないも自分次第で、やりたい仕事を選ぶことができます。本当にやりたい分野の仕事に絞って仕事を受注するようにすればいいので、得意分野をフルに活かすことができるでしょう。転勤もなく働く場所も選ばないので、会社員では到底味わえないような自由を感じられます。時間を上手に使うことができれば、システムエンジニアの仕事のかたわら趣味や副業などにチャレンジすることもできるので、新たな自分を発見し、可能性をさらに広げるチャンスを得られるかもしれません。

デメリットについても考える

フリーランスのシステムエンジニアにとってデメリットとなるのは、やはり不安定な収入です。参画しているプロジェクトが終了すれば契約は終わりなので、次の仕事が決まっていなければ収入はそこで一旦途切れることになります。この不安感に耐えられなくて、フリーランスを続けることを断念する人もいるほどです。しかし、システムエンジニアに限らずフリーランスに不安定はつきものなので、強い覚悟を持って独立するということが大切です。
フリーランスのシステムエンジニア向けの案件は、高単価のものが少なくありません。しかし、フリーランスになると福利厚生はなくなるので、各種保険関係や経費などは自分持ちということになります。そのため、入ってくる金額は多いかもしれませんが、手元に残るお金、つまり会社員でいうところの手取り金額はそれよりも少なくなることをしっかり計算に入れておかないと、思った以上にかかる費用に圧迫されてしまう可能性があります。フリーランスとしての稼ぎで生活を安定させるためには、とにかく仕事をしなければなりませんが、経理や事務、所得の申告、営業など、1人で何役もこなしながらの仕事になるので、自由だからとのんびりしていると、収入は増えていかないということも理解しておきましょう。

こちらもオススメ

  • 高い語学力が求められる仕事

    高い語学力が求められる仕事

    翻訳家の仕事に就くためには、高い語学力があるということが基本になります。必要とされている言語は英語だけでなく、その他様々な言語で翻訳家の需要があります。しかし、十分な語学力があったり、これから勉強するつもりがあったりしても、どうしたら翻訳家になれるのかがわからないという人もいることでしょう。そこで、翻訳家としてどのような準備をすればいいのか、また、どうすれば翻訳家としての仕事を得ることができるようになるのかをご紹介してくのでぜひ役立ててください。

  • クライアントと現場をつなぐ仕事

    クライアントと現場をつなぐ仕事

    システム開発を必要としている業種は幅広いですが、システムエンジニアの確保はどこの企業も苦労するポイントです。システムエンジニアの数は多くても、経験とスキルのある人材はなかなかすぐには見つからず、育成にも時間がかかってしまうというのが実情でもあります。そこで、活躍しているのがフリーランスのシステムエンジニアです。独立するというのはリスクもあるので勇気がいりますが、システムエンジニアの場合、フリーランスになっても仕事が多いので、目指している人もたくさんいます。

  • 活躍するために必要な得意分野

    活躍するために必要な得意分野

    広告や新聞、雑誌やウェブサイトなどには数多くの画像が使用されています。それらの画像を撮影することを職業にしているのがカメラマンです。カメラマンとして働いている人の多くはフリーランスですが、カメラマンで生活できているプロは、何かひとつ自分の得意分野を持っていることが多いものです。いい機材を揃えるということももちろん重要ですが、どんな被写体をどのように写すかということに対するこだわりを持つことも大切です。