フリーランスで活躍するならこの職種

海外と日本の仲介役<翻訳家>

翻訳家は、フリーランスとして活動している人が多い職種です。翻訳家の仕事は、外国語を日本語に訳したり、日本語を外国語に訳したりして海外と日本の架け橋となる大切な役割を担っています。今の時代、コンピュータでも翻訳を行うことはできますが、人間の感性がないとできない翻訳の仕事は数多くあるので、翻訳家の仕事がコンピュータに取って代わられることはありません。ここでは、翻訳家の仕事とはどのようなものか、また、翻訳家になるためにできることなどをご紹介します。

  • 高い語学力が求められる仕事

    高い語学力が求められる仕事

    翻訳家の仕事に求められるのは外国語の能力だと考えられることも少なくありません。確かに、外国語をしっかり理解できなければ成り立たないことなので、外国語の能力はとても重要ですが、言い換えればあって当然の基本的な能力とも言うことができます。フリーランスの翻訳家として活動できるような人は、外国語の能力はもちろん、母国語の能力も高いのが特徴です。しかし、翻訳家になるために必要なのは語学力ばかりではありません。

    MORE
  • プロとして活躍するなら「TQE」

    プロとして活躍するなら「TQE」

    フリーランスの翻訳家として活動するには、客観的にその語学力を示すための指標が必要です。そこでオススメなのが翻訳実務検定試験の「TQE」です。この試験は、運営元のスクール生でなくても自由に受験できる翻訳専門の検定試験で、ビジネスはもちろんのこと、それ以外の様々な分野における翻訳能力を試すことができる試験となっています。インターネット受験というスタイルなので、自宅にいながら気軽に挑戦できるのも大きな魅力です。

    MORE
  • 「英会話」に自己投資

    「英会話」に自己投資

    フリーランスの翻訳家としてさらに付加価値を高めていくための自己投資として英会話レッスンの受講という方法があります。英語の読み書きに不自由がないと英会話力もあると周囲には思われがちですが、机に向かって行うことと人とのコミュニケーションでは使う力が別なので、それぞれに合う方法で技術を習得する必要があります。外国人講師とのコミュニケーションから学べることは、異国の文化や価値観など英語以外のことも数多くあり、翻訳という仕事の幅を広げる助けになる情報を得ることができます。

    MORE

こちらもオススメ

  • 高い語学力が求められる仕事

    高い語学力が求められる仕事

    翻訳家の仕事に就くためには、高い語学力があるということが基本になります。必要とされている言語は英語だけでなく、その他様々な言語で翻訳家の需要があります。しかし、十分な語学力があったり、これから勉強するつもりがあったりしても、どうしたら翻訳家になれるのかがわからないという人もいることでしょう。そこで、翻訳家としてどのような準備をすればいいのか、また、どうすれば翻訳家としての仕事を得ることができるようになるのかをご紹介してくのでぜひ役立ててください。

  • クライアントと現場をつなぐ仕事

    クライアントと現場をつなぐ仕事

    システム開発を必要としている業種は幅広いですが、システムエンジニアの確保はどこの企業も苦労するポイントです。システムエンジニアの数は多くても、経験とスキルのある人材はなかなかすぐには見つからず、育成にも時間がかかってしまうというのが実情でもあります。そこで、活躍しているのがフリーランスのシステムエンジニアです。独立するというのはリスクもあるので勇気がいりますが、システムエンジニアの場合、フリーランスになっても仕事が多いので、目指している人もたくさんいます。

  • 活躍するために必要な得意分野

    活躍するために必要な得意分野

    広告や新聞、雑誌やウェブサイトなどには数多くの画像が使用されています。それらの画像を撮影することを職業にしているのがカメラマンです。カメラマンとして働いている人の多くはフリーランスですが、カメラマンで生活できているプロは、何かひとつ自分の得意分野を持っていることが多いものです。いい機材を揃えるということももちろん重要ですが、どんな被写体をどのように写すかということに対するこだわりを持つことも大切です。