フリーランスで活躍するならこの職種

プロとして活躍するなら「TQE」

プロとして活躍するなら「TQE」

語学力があればフリーランスの翻訳家になることは可能ですが、プロとして本格的に活動していくつもりであれば、翻訳実務検定の「TQE」を受験してみてはいかがでしょうか。

Pocket

TQEとは

「TQE」とは、限られた時間内に商品として通用するだけの翻訳文章を作成する能力を認定するための検定試験で、運営元の教育機関サン・フレアアカデミーの受講生はもちろん、そうでない人でも受験できます。取り扱っている言語は英語をはじめドイツ語、フランス語、ロシア語、スペイン語、中国語、韓国語があります。和訳と外国語訳の試験があって、片方だけでも両方でも受験可能です。受験科目は、ビジネス全般からIT、電気、機械、医療、原子力、特許、金融、時事など、その他様々な科目が用意されていて、実務的な能力を試すことができます。評価基準は、原文解釈力、訳文表現力、専門知識、スタイルの4項目で、審査委員によって評価されます。1級から5級まであり、1級から3級の試験に合格すると株式会社サン・フレアに翻訳者として登録することが可能で、プロとして活動するための道が開かれます。
TQEの嬉しいところは、インターネット受験という方式です。在宅で受験することができるので、会場に出向く手間がありません。

  • TQE
  • 検定試験の実施は年4回とチャンスも多いので、積極的に上を目指したい人はテンポ良く進めることができます。
  • 翻訳実務検定のTQE

TQE受験に向けて

TQEを受験するにあたっての勉強方法はいくつかあります。まず、実施している株式会社サン・フレアが運営しているサン・フレアアカデミーを利用するという方法があります。サン・フレアアカデミー受講生、修了生は検定料の割引もあります。受講費用がかかりますが、時間とお金をかけてでも翻訳家になるためのスキルを身につけたいという人にオススメです。スクールに通う時間や費用がない人には通信教育を活用するという方法もあります。
しかし、自分のやる気次第では、独学でも十分に対応することが可能です。では、独学で翻訳家になるためにはどうすればいいでしょうか。

ひたすら勉強あるのみ

1人前の翻訳家として独立するためにやるべきことはいろいろとありますが、究極的にはひたすら勉強あるのみです。特に、文法に対する理解は必須なので、基礎はもちろん応用まで幅広い知識を取り入れるため、大学受験をするぐらいのつもりで勉強に取り組む姿勢が重要です。翻訳家という職種は、外国語から日本語へと翻訳する方のイメージがありますが、その逆もあります。そのため、外国語を読む力だけでなく書く力が必要になりますが、外国語を日本語に翻訳するのであれば、読む力がしっかりとついていれば対応することができます。翻訳の技術には、直訳ではなく意訳するなどのテクニックがあります。それらは、専門書をよく読み込みながら応用させていくことによって確実に力をつけることができるでしょう。
また、フリーランスの翻訳家として活動するならば、資格は自分の能力を示す目安となるので、TQEだけに限らずTOEICなどにも積極的に挑戦しておくとなお安心です。

こちらもオススメ

  • 高い語学力が求められる仕事

    高い語学力が求められる仕事

    翻訳家の仕事に就くためには、高い語学力があるということが基本になります。必要とされている言語は英語だけでなく、その他様々な言語で翻訳家の需要があります。しかし、十分な語学力があったり、これから勉強するつもりがあったりしても、どうしたら翻訳家になれるのかがわからないという人もいることでしょう。そこで、翻訳家としてどのような準備をすればいいのか、また、どうすれば翻訳家としての仕事を得ることができるようになるのかをご紹介してくのでぜひ役立ててください。

  • クライアントと現場をつなぐ仕事

    クライアントと現場をつなぐ仕事

    システム開発を必要としている業種は幅広いですが、システムエンジニアの確保はどこの企業も苦労するポイントです。システムエンジニアの数は多くても、経験とスキルのある人材はなかなかすぐには見つからず、育成にも時間がかかってしまうというのが実情でもあります。そこで、活躍しているのがフリーランスのシステムエンジニアです。独立するというのはリスクもあるので勇気がいりますが、システムエンジニアの場合、フリーランスになっても仕事が多いので、目指している人もたくさんいます。

  • 活躍するために必要な得意分野

    活躍するために必要な得意分野

    広告や新聞、雑誌やウェブサイトなどには数多くの画像が使用されています。それらの画像を撮影することを職業にしているのがカメラマンです。カメラマンとして働いている人の多くはフリーランスですが、カメラマンで生活できているプロは、何かひとつ自分の得意分野を持っていることが多いものです。いい機材を揃えるということももちろん重要ですが、どんな被写体をどのように写すかということに対するこだわりを持つことも大切です。