フリーランスで活躍するならこの職種

高い語学力が求められる仕事

高い語学力が求められる仕事

海外から入ってくる様々な情報をわかりやすい日本語で理解できるのが当たり前という環境に私達は生活していますが、それは見えないところで仕事をしている翻訳家がいるおかげでもあります。翻訳家は、一般の人が普段直接見ることのない職種ですが、実際どのような仕事をしているのでしょうか。

Pocket

翻訳家の仕事

翻訳家の仕事をするためには、高い語学力が必要になることは言うまでもありません。また、フリーランスで活動している人が多い職種でもあります。翻訳を必要としている仕事は、数え上げればキリがないほどたくさんあります。書籍や雑誌と一口に言っても、小説や実用書、金融や医療、ITなどの専門書、説明書や契約書、映画やドラマの脚本などもあります。全ての仕事を一手に引き受けられる翻訳家もいれば、得意分野の翻訳に特化した翻訳家もいますが、いずれにしても決して簡単な仕事ではありません。一般の人でも、コンピュータの翻訳機能を使えば大まかな意味を理解することができる程度のことはできますが、本当に正しく文脈を理解するためには、内容の前後や背景、また書かれた国の文化や人々の考え方など、感情を持った人間にしか理解できない繊細な部分がどうしても必要になるものも数多くあるのです。

翻訳家になる人はどのような人か

翻訳家として活動している人の中には、当初翻訳家を目指していたわけではなかった人も大勢います。むしろ、全く違った仕事をしていた人もいるほどです。しかし、共通している点としては、語学を活用する仕事に就いていたという人が多いことです。語学力が堪能で、ある専門分野に関する詳しい知識がある人は、その分野の文章を翻訳する時により実態に即した翻訳を行うことができます。そのような人は、フリーランスの翻訳家として活動する上での強みになります。

選ばれる翻訳家とは

外国語を日本語にただ直訳するだけなら、その言語を学んできた人であればそれほど苦労せずに訳すことができるでしょう。翻訳というと、外国語の能力が問われると思ってしまいがちですが、それ以上に重要なのは日本語の能力です。いくら外国語を不自由なく理解することができたとしても、それを読み手が理解しやすい日本語に変換することができなければ、翻訳家としての価値は低くなってしまうでしょう。そのため、翻訳家が本当に問われることになる能力は母国語の能力なのです。また、世界の文化や人種、民族が違えば価値観が異なりますが、そのような背景をよく理解しているグローバル感覚の高い翻訳家が多く必要とされています。こうして考えていくと、語学力はもちろん想像力、発想力をはじめ、知識や経験など、フリーランスの翻訳家として活躍するにはバイタリティが求められることが理解できます。

こちらもオススメ

  • 高い語学力が求められる仕事

    高い語学力が求められる仕事

    翻訳家の仕事に就くためには、高い語学力があるということが基本になります。必要とされている言語は英語だけでなく、その他様々な言語で翻訳家の需要があります。しかし、十分な語学力があったり、これから勉強するつもりがあったりしても、どうしたら翻訳家になれるのかがわからないという人もいることでしょう。そこで、翻訳家としてどのような準備をすればいいのか、また、どうすれば翻訳家としての仕事を得ることができるようになるのかをご紹介してくのでぜひ役立ててください。

  • クライアントと現場をつなぐ仕事

    クライアントと現場をつなぐ仕事

    システム開発を必要としている業種は幅広いですが、システムエンジニアの確保はどこの企業も苦労するポイントです。システムエンジニアの数は多くても、経験とスキルのある人材はなかなかすぐには見つからず、育成にも時間がかかってしまうというのが実情でもあります。そこで、活躍しているのがフリーランスのシステムエンジニアです。独立するというのはリスクもあるので勇気がいりますが、システムエンジニアの場合、フリーランスになっても仕事が多いので、目指している人もたくさんいます。

  • 活躍するために必要な得意分野

    活躍するために必要な得意分野

    広告や新聞、雑誌やウェブサイトなどには数多くの画像が使用されています。それらの画像を撮影することを職業にしているのがカメラマンです。カメラマンとして働いている人の多くはフリーランスですが、カメラマンで生活できているプロは、何かひとつ自分の得意分野を持っていることが多いものです。いい機材を揃えるということももちろん重要ですが、どんな被写体をどのように写すかということに対するこだわりを持つことも大切です。