フリーランスで活躍するならこの職種

「英会話」に自己投資

「英会話」に自己投資

自分の腕一本で仕事を請負うフリーランスにとって、自分磨きは仕事のうちで、翻訳家として成長し続けるためにもやはり勉強は欠かせません。そこで、翻訳家として英会話に自己投資をすることを例にとって考えてみることにしましょう。

Pocket

英会話と翻訳

翻訳家という職種は、外国語を日本語に翻訳するのが仕事なので、会話力は直接関係ないと考えるかもしれません。しかし、外国語を駆使して外国人と会話をすることから学べることは多く、机に向かっているだけでは知り得ない知識を得るきっかけにもなります。世界共通語である英語は、話せるに越したことはありません。翻訳家としての仕事をしていく上で英会話ができることは大きな付加価値となり、フリーランスとしての仕事の幅を広げることにもつながります。

英語ができるから英会話ができるとは限らない

英語の読み書きが得意な人は、英会話もできる人だと周囲から思われることが多いものです。しかし、テスト中心の英語学習を長年続けてきた人の中には、読み書きは達者でも英会話は苦手という人がたくさんいるのも事実です。しかし、英語がわかると言うと、それを聞いた相手は「英語が話せる人なのだ」とほぼ自動的に考えることがほとんどなので、そのギャップに挟まれて苦しい思いをする人は意外と多いのではないでしょうか。読み書きのスキルがある状態というのは、いわば英語という道具を持ったという状態です。その道具を使いこなせるようになるには、やはり積極的に使うしかありません。そこでぜひ取り入れたいのが英会話の勉強です。

成功に欠かせない「自己投資」

グローバル化が進んでいる今の時代、英会話を習う方法はとても充実しています。スクールに通うことはもちろんですが、近くにそのような場がないという場合でも、インターネットを活用すればどこにいても英会話を習うことができます。また、価格帯も幅広いので、安く習おうと思えば様々な方法を見つけることもできるでしょう。外国人講師とのレッスンは、もちろん英語しか使うことができませんし、相手も全て英語で対応することがほとんどです。自分の持てる知識をフルに活用して言いたいことを伝えることは、とても大変に感じるかもしれませんが、一生懸命伝えようとすることがそのまま丸ごとコミュニケーションのトレーニングになります。
英会話のレッスンは1週間の中のほんのわずかな時間なので、そこで全てを吸収し、会話力を習得するということを期待すべきではなく、英語という道具を使う練習ができる貴重な場と捉えて活用することが大切です。そのような時間に投資をするということは、フリーランスとして成長していくにあたり、大いにプラスとなることでしょう。

こちらもオススメ

  • 高い語学力が求められる仕事

    高い語学力が求められる仕事

    翻訳家の仕事に就くためには、高い語学力があるということが基本になります。必要とされている言語は英語だけでなく、その他様々な言語で翻訳家の需要があります。しかし、十分な語学力があったり、これから勉強するつもりがあったりしても、どうしたら翻訳家になれるのかがわからないという人もいることでしょう。そこで、翻訳家としてどのような準備をすればいいのか、また、どうすれば翻訳家としての仕事を得ることができるようになるのかをご紹介してくのでぜひ役立ててください。

  • クライアントと現場をつなぐ仕事

    クライアントと現場をつなぐ仕事

    システム開発を必要としている業種は幅広いですが、システムエンジニアの確保はどこの企業も苦労するポイントです。システムエンジニアの数は多くても、経験とスキルのある人材はなかなかすぐには見つからず、育成にも時間がかかってしまうというのが実情でもあります。そこで、活躍しているのがフリーランスのシステムエンジニアです。独立するというのはリスクもあるので勇気がいりますが、システムエンジニアの場合、フリーランスになっても仕事が多いので、目指している人もたくさんいます。

  • 活躍するために必要な得意分野

    活躍するために必要な得意分野

    広告や新聞、雑誌やウェブサイトなどには数多くの画像が使用されています。それらの画像を撮影することを職業にしているのがカメラマンです。カメラマンとして働いている人の多くはフリーランスですが、カメラマンで生活できているプロは、何かひとつ自分の得意分野を持っていることが多いものです。いい機材を揃えるということももちろん重要ですが、どんな被写体をどのように写すかということに対するこだわりを持つことも大切です。